Author

  • 名前:あゆり
  • 性別:女
  • 年齢:37歳

家庭菜園で、きゅうり・トマト・ナスを育てました。初心者ながら、それなりのデキだと喜び収穫し、知人宅に持って行ったのですが、それらの野菜なら貰い物でいっぱい。もう冷蔵庫に入らないと断られてしまい、ガックリ。もう少し変わったものを育てれば良かった、と反省しきりです。子供のころ、これを使うと大人になった気分でした。いつもの石鹸と違うケースに入ってて、 色も赤や緑といったきれいなもので、わくわくしたのを覚えてます。

洗顔石鹸の泡立て方について

vtdbzzvn7setthi弾力のあるもちもちの泡が魅力と宣伝している洗顔石鹸を購入して画像のようにキメの細かい弾力の泡にならずにがっかりした経験はありませんか?
あれは広告用に盛った泡で、実際にはこれぐらいなんだろうと思っているかもしれませんが、あなたの洗顔石鹸の泡立て方に問題があるのかもしれません。

■キメ細かく弾力のある泡の作り方

まず洗顔石鹸を購入する時に一緒に洗顔ネットがついてくる事が多いと思いますが、この洗顔ネットを面倒だと手で泡立てていませんか?
洗顔ネットを使えば簡単にキメ細かい弾力のある泡を作る事が出来ますから絶対に使用するべきです。

まず洗顔はぬるま湯でおこないましょう。
洗顔石鹸と洗顔ネットと手のひらをぬるま湯で濡らし、円を描くように泡立ててみて下さい。
その時空気をなるべく含ませるようにしましょう。

■上手くいかない場合

先ほどのやり方で上手くいかない場合は水分量が不足しているのかもしれません。
ぬるま湯の量を増やして、手の動かし方などを変化をつけて泡立ちやすい方法を探してみましょう。
文章の説明ではよく分からないという人は泡立て方の動画もアップされていますからそれを参考にしてみましょう。
動画を見たけど上手く泡立たないという人は最初から泡立った状態で売られている洗顔石鹸があるのでそれを利用するのもいいかもしれません。

キメ細かく弾力のある泡を作る事が出来れば、そのキメ細かい泡が毛穴の中にまでしっかりと入り込み、そして弾力のある泡に汚れが付着するのでキレイな状態の肌になる事が出来るのです。

ページ上に戻る